苗半作という言葉があるそうです。

「良い苗を育てることは,収量の半分が保障されたようなものである」
ということらしいです。
元気で強い苗を育てることが
美味しいお米作りには欠かせないのですね。

その様子です。


P4250009.jpg

種もみと土を苗床にまく機械です。

P4250004.jpg

コシヒカリの種もみ

P4260043.jpg

有機稲作用の土に種が撒かれた苗床

P4250002.jpg

みんなで手分けして作業しました。

この後、苗床は芽が出るまで育苗器という
暖かい場所で休めます。

P4260035.jpg

種から芽や根が出たら田んぼに苗床を作ります。
全部手作業。
大変です。


P4260022.jpg

きれいにできました!
さすがベテランの作業は違う!


P4280056.jpg

ちょっとだけ芽が出たので
田んぼに移動します。

P4280045.jpg

これもなかなか重労働。
水を含んでるので重たいです。

IMG_8559.jpg
ゴールデンウィーク中にすくすくと育った苗

IMG_8558.jpg

周囲の田んぼはもう田植えが終わってますが
私たちの田んぼはもっと苗を大きくしてから
田植えをするので
もうしばらくこのまま育てます。



スポンサーサイト
2018.05.26 Sat l T.U.K(タイワ有機稲作研究会) l COM(0) TB(0) l top ▲