FC2ブログ
こんにちは!!タイワアグリでございます


前回の予告通り今回は種籾の播種です!!


4月13日にコシヒカリ・古代米黒米・古代米緑米・イセヒカリの播種を終え、


4月20日に富山県推奨黒むすび・赤むすびの播種を行いました。


黒むすび・赤むすびとは古代米黒米・赤米のうるち米バージョンのことです。


普通の古代米はもち米でコシヒカリなどに混ぜて食べるのが一般的でしたが


黒むすび・赤むすびはコシヒカリと同様に食べることができます。


米糠の部分に栄養がある為、


タイワ精機メーカーの商品「まいこmini-w」


1ぶづきにするのがオススメの食べ方です


黒むすび・赤むすびは今年の秋から販売予定ですので、是非お試しください


さて、今回のイベント播種(種まき)ですが、通常慣行田ではマット育苗箱を使用していますが


タイワ有機稲作研究会ではポット育苗箱で苗を育てています


なぜマットではなく、ポットで行っているかと言うと、苗を成苗(4.5葉以上)にする為です。


苗を成苗にすることにより、病害虫に強くなり田植え後の農薬も


使用しないですむようになります。


他にも床土(種籾より下に入れる土)・復土(種籾の上にのせる土)・種籾(一箇所1粒~4粒)が


マット育苗箱に比べ極端に減ります。そして苗と苗の間を開けることにより


通気性を良くし、成苗に成長しやすい環境になります。


ちなみに慣行用の苗は稚苗(2.5葉~3・5葉)です。


「ポットじゃなくてもマットで薄撒きにしてやれば出来るんじゃないのか!?」という声がありますが


確かに可能です。しかし、薄撒きにするにはそれなりの技術が必要ですしただ適当に


薄撒きにしては欠株がでてしまいます。その為マットではなく、ポット育苗箱を使用しています。


そんなこんなで今では元気にすくすくと成長しています。


今回は写真を忘れてしまいましたすいません


今日はこのへんで終わりたいと思います。次回は田植えですね!!


お楽しみに
スポンサーサイト
2012.05.15 Tue l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲